忍者ブログ
競馬予想 無料 2月 東京競馬場開催 共同通信杯についての情報掲載☆レースデータ分析も公開中!
| Admin | Res |
<< 09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

競馬予想 無料 共同通信杯 出走資格と賞金


出走資格はサラ系3歳(旧4歳)のJRA所属の競走馬、

JRAに認定された地方所属の競走馬(2頭まで)及び外国調教馬(8頭まで)。



負担重量は別定重量で56キロ、

牝馬は54キロを基本とし、

更に日本馬については収得賞金額が2,000万円以上の競走馬は1キロ、
外国調教馬については重賞競走優勝馬の競走馬は1キロの負担が課せられるよう定められている。

2006年の番組改定において、3歳クラシック以前の実績馬の選択肢を増やす目的で、
負担重量の上限が57キロ(牝馬は55キロ)になるように現在の条件に変更された。



総額賞金は8,050万円で

1着賞金4,200万円、2着賞金1,700万円、3着賞金1,100万円、

4着賞金630万円、5着賞金420万円と定められている。




タグ:競馬予想 無料  ゲーム


PR
競馬予想 無料 共同通信杯 概要


1967年に4歳(現3歳)の別定の重賞競走東京4歳ステークスとして創設、第1回は東京競馬場の芝1400mで施行された。

しかし翌年には芝1600mに変更されたが、東京競馬場の改修工事と積雪の影響で、中山競馬場のダート1700mで施行され、

1969年にはトキノミノル記念の副称が付けられた。

1970年には再び積雪の影響でダート1600mで施行、

翌年には現在の芝1800mに変更、

1972年には流行性のインフルエンザの影響で開催順延し、福島競馬場の芝1800mで施行された。


1983年からは共同通信社から優勝杯の提供を受けた事を機に共同通信杯4歳ステークスに変更、

1984年のグレード制施行によりGIIIに格付けされた。


1993年には混合競走に指定、1996年には特別指定交流競走に指定、

1998年は3度積雪の影響でグレード格付け無しのダート1600mで施行、

2001年には競走馬の年齢表示の国際基準に変更により現在の「共同通信杯」に名称変更をした。

皐月賞・東京優駿(日本ダービー)といった3歳春のクラシック戦線の前哨戦のひとつとして位置づけられている。

とくに日本ダービーと同じ東京コースで行われる事から、この時点まで東京コースの出走経験が無い競走馬に対し、日本ダービーの前に一度東京コースを経験させておく目的でいくつかある前哨戦の中からこの競走への出走を選択する陣営がある




タグ:競馬予想 無料  ゲーム

競馬予想 無料 共同通信杯 について

共同通信杯(きょうどうつうしんはい)とは

日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場の芝1800mで施行する中央競馬の重賞(GIII)競走である。

競走名は優勝杯を提供する共同通信社から冠名が取られている。

現在の正式な競走名は「共同通信杯(トキノミノル記念)」である。




開催地 東京競馬場
施行日 2009年2月8日
格付け GIII
1着賞金 4200万円
距離 芝1800m
出走条件 サラブレッド系3歳(国際)(特指)
負担重量 56kg、牝馬2kg減、日本馬は収得賞金額2000万円以上は1kg増、外国調教馬は重賞競走優勝馬は1kg増。
第1回施行日 1967年2月5日







タグ:競馬予想 無料  ゲーム
前のページ    
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
きょうどうつうしんはい
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Powered by Ninja Blog    Material by cherish    Template by Temp* factory
Copyright (c)競馬予想 無料【共同通信杯】GIII~競馬予想データCLUB~ All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]